読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【GSダブル】ysanBig6 (WCSシニア10位)

f:id:yuudachi7poke:20160826153754j:plain

こんにちはー、初めてWCSに参加してきました!今回もいつも通り記事を書きますがオフレポなどはまた別の機会で時間があれば書こうと思います。

使用した構築は

f:id:yuudachi7poke:20160824211350j:plain

まぁいつものって感じですね

【この構築に至るまで】

始めから辿ると元はイベルタルを使用した構築を組もうと考えていましたがどうしてもゼルネアスグラードンへの立ち回りに自信が無かったので断念しました。次に考えたのが、代表戦でも使用したbig6でした。丁度代表戦が終わった頃にトリルドーブルの記事を見つけたのでトリルドーブルから構築を組むことに。WCSのような上級者が集う大規模の大会では、一般的な構成だけでは厳しいと考えたのでこの判断は正解だったと思います。続いて個別の解説

f:id:yuudachi7poke:20160824212424g:plainグラードン@紅色の玉

冷静189(108)-×-180-222(252)-129(148)-85

大地の力

噴火

守る

目覚めるパワー氷

代表戦上位の方と同じ調整。出し方としては、ディアドーと組んで使っていた時と同じような感じで、s操作して出すことがやはり多かったです。目覚めるパワー氷はレックウザボーマンダへの強力な打点で立ち回りが柔軟になるので採用しています。 実はWCSでは最速ドーブルに怯え、前日に臆病個体に変更しました…強気に同速勝負にかけることができなかったり、微妙に火力足りなかったりして落とした試合があり、とても後悔しています。 f:id:yuudachi7poke:20160826131143g:plainゼルネアス@パワフルハーブ

控えめ 217(124)-×-128(100)-198(228)-123(36)-122(20)

ムーンフォース

マジカルシャイン

守る

ジオコントロール

とある方に頂いた調整。最近では耐久に回してcを省く個体が多いがジオコンを積まないで動かしても強く、ジオコン後の決定力が高まるc振りが気に入っててずっと愛用していました。 ジオコン後にマジカルシャインで無振りグラードンを2発で倒したり相手の耐久ゼルネアスもジオコンムンフォでほぼ確実に倒せるのが強みだと思います。かなり絶妙な耐久してます。 f:id:yuudachi7poke:20160826132641g:plainガルーラ@メガストーン

陽気 181(4)-147(252)-100-×-100-156(252)

恩返し

グロウパンチ

猫騙

不意打ち

強いポケモングロウパンチでaを上げて相手のポケモンを縛りながら横のポケモンを動かす動きが個人的に最も強いと感じた。猫騙しも優秀。不意打ちの枠を守るにするかも悩んだが、削り性能を評価して不意打ちにした。

f:id:yuudachi7poke:20160826134215g:plainドーブル@ラムのみ

腕白 162(252)-40-95(252)-×-66(4)-84

猫騙

ダークホール

トリックルーム

変身

自分中では結論に値するドーブル。このルールが発表されてずっとラムorカゴドーブルを使い続け「こんな弱そうなドーブル使ってるのは僕だけなんじゃないか」と考えた時もありましたが、自分を信じて今回もラムのみを採用。

f:id:yuudachi7poke:20160826134239g:plain

ボーマンダ@メガストーン

無邪気 170-155(4)-101-162(252)-90-167(252)

ハイパーボイス

捨て身タックル

追い風

吠える

GSで最も信用している一般ポケモン。耐性が非常に優秀で削り性能も高く追い風による切り返しも可能。そして今回はトリルやジオコンの牽制や大きなアドバンテージとなる吠えるを採用。吠えるは決まるかどうかよりは単純にジオコンやトリルを抑えられるのが強いと感じた。ただ、守るが欲しい場面も多かった。

f:id:yuudachi7poke:20160826145335g:plain

ファイアロー@命の珠

意地っ張り 164(84)-146(252)-91-×-89-168(172)

フレアドライブ

ブレイブバード

剣の舞

追い風

big6を使い、何度も悩んだ枠。s操作と対ゼルネアス性能が必要と考えてドータクンも試した。しかし、ドータクンを使っているとゼルネアスには滅法強いが、ボルトロスクチート、ゲンガー、クロバット辺りが重く感 じそれらに対応できるファイアローを選択。何よりトリル持ちが2体いることに違和感を感じていた。

剣の舞を使用した立ち回りは後ほど解説するが、少し解説すると 威嚇でアローを見るような構築に刺さる。また、剣舞ブレバで縛りながらジオコントロールを積む動きも非常に強く感じた。WCS2016を見事優勝されたwolfe氏が使用していたカポエラー入りやクチート入りに刺さる。

各構築への立ち回り ベテパ(重力催眠グラタクン)

選出ポケモン ガルーラゼルネアス グラードンドーブル

グラゼルネに強いグラゼルネで話題になった構築。初手でガルゼルネを並べて相手のトリル安定ターンを誘導する。トリルをされるとほぼ勝ち。相手のトリル下でのドーブルへの回答が催眠術であることを逆手に取りeasywinを狙うことができる。二戦目以降は催眠を2回重ねてくる動きをしてくるので強気に横守ってトリルを選択。

Liarパ(グラレック)

選出ポケモン ガルーラドーブル グラードンゼルネアス

こちらもbig6ではどのポケモンを選出しても安定択が取りにくく、話題になった構築。 初手はガルーラドーブルから入る。大抵の相手はグラードンドーブルを出してくる。何度も戦って相手は両守るかドーブル守ってグラードンで噴火をしてくる。こちらはグラードンに猫、ドーブルはトリルを選択。万が一ドーブルにダクホを打たれてもラムなので勝ち筋は十分残る。 次ターンはドーブルに恩返し、ダークホール。ガルーラかドーブルが倒れたらグラードンを出してトリルが切れるタイミングでゼルネアスでジオコントロールをして勝ち。

big6ミラー

選出ポケモン 一戦目ボーマンダゼルネアス ファイアローグラードン

二戦目 グラードンファイアロー ガルーラゼルネアス

三戦目 ボーマンダゼルネアス ドーブルグラードン

これに関しては全てに安定する行動を編み出すことがどうしてもできなかった。構築の対応力を高め過ぎて、ミラーに対する勝率が6~7割程度でとても反省している。

マンダゼルネはゼルドー以外は戦えますがゼルドーに弱いのはまさに欠陥です。

グラアローが最も安定しているが有名な方が立ち回りを公開しているため少し勝ちにくくなった。

グラカイ+タクンorクレセ

選出ポケモン ボーマンダ(ガルーラ)ゼルネアス グラードンドーブル

立ち回りがしっかりしていれば勝てる。序盤ジオコン積んで中盤でドーブルを並べてゼルネアスをしっかり動かす。終盤オーガタクンの並びを作られたらドーブル猫騙しなどでしっかりとドーブルグラードンを並べて味方のグラードンに変身を押し天候を上書きして噴火。クレセリア入りはゼルネアスが通るのでドーブルゼルネアスでいけます。かわしーパは事故。

クロバットorボルトロス入りオーガレック

選出ポケモン ガルーラファイアロー グラードンゼルネアス

ガルーラファイアローで一般ポケモンを倒し、ゼルネアスを通す。 クチートボルトロスなどはボルトに猫アロー剣舞 このターン猫騙しのダメージ量でボルトロスの性格をしっかり見極める。 クチートはオーガ引きか守るが多いのでこれが決まるとほぼ勝てます。死に際には冷静に追い風を選択。

メジャーな構築はここら辺りですかね、必要と感じればまた追記します。

感想として全体的にとても自分に合った綺麗な構成になっていると思います。ドーブルのラムによりとても立ち回りが安定している気がします。big6以外はあまり負けませんがWCS当日は韓国プレイヤー4連とマッチングし、彼等は全て同じポケモンを使っていて危うかったです。SDでは何度も1位を取ることができました。

TN ysan←構築名はここから来てます。 another Face

big6は面白くないなどと考える人を目にしますが、僕はこれほどダブルバトルならではの幅広い要素とプレイングを重要とする構築を今まで見たことがなく、感動しています。

このGSルールは本当に面白くて数千戦はやりました。そして本当に多くの方にお世話になり、色んなプレイヤーとの交流も増え感謝の気持ちで心の中が溢れています。 今まで対戦してくださったり応援してくださった方々、もちろん今この記事を見てくださっている方々。本当にありがとうございます!