読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アローラダブル】ysan厨パ

こんにちは

少し遅れましたが、今回はWCSルールの記事を簡単に書いていこうと思います。

実績としてはSDレートにて3日程で1650から2000に上げることができました。

f:id:yuudachi7poke:20170212163333p:plain

カプ・コケコ@電気Z

f:id:yuudachi7poke:20170212160452p:plain

控えめCS

10万ボルト、マジカルシャイン

放電、守る

レヒレやウィンディの処理速度を上げるため電気Zを選択。基本初手の削りか後半の詰めの盤面に繰り出す。

ガブリアス@拘りスカーフ

f:id:yuudachi7poke:20170212160919g:plain

陽気adS

地震、ドラゴンクロー

毒づき、岩雪崩

雪崩マシーン。環境にガブリアスを上から処理する型のポケモンが多いと感じたためスカーフで運用。基本後出し。

テッカグヤ@オボンのみ

f:id:yuudachi7poke:20170212161331p:plain

意地っ張りhAs

ヘビーボンバー、ニトロチャージ

宿り木の種、守る

ガブをおかずに例えるならこいつは白飯。型の選択は十人十色といった感じ。基本は受けの役割。削りや詰めとしてもしっかり機能する。

ウィンディ@突撃チョッキ

f:id:yuudachi7poke:20170212162045p:plain

意地っ張りhas

フレアドライブ、神速

ワイルドボルト、地ならし

数値や技の範囲、特性、どれもかなり安定しているポケモンインファイトの採用も視野といったところ。

カプ・テテフ@エスパーZ

f:id:yuudachi7poke:20170212162602p:plain

控えめhCs

サイコキネシスムーンフォース

挑発、守る

個人的に強いと思っているZ枠2枚目。カプ系を同時選出することは少ないため、困ることはあまり無い。

キュウコン@気合いの襷

f:id:yuudachi7poke:20170212162910p:plain

臆病CS

オーロラベール、吹雪

フリーズドライ、守る

変更可能な枠。水や炎の一貫を切るのが賢いと思う。

かなり短くなってしまいましたが、ありがとうございました。

【全国ダブル】ガルサナ2メガ ペナンぺスタンS17最終一位、レート2050

こんにちは、ORAS最終シーズンが終わり今回も記事を書かせていただきます。

最終レート2050で最終順位は一位。

目標は2060だったがあまり他人の追い上げに勢いがなかったためレートを1だけ上げて終了。

使用した構築はこちら

f:id:yuudachi7poke:20160913143526p:plain

思い入れのあるガルーラサーナイトの2メガが主軸のパーティ。

ガルーラ@メガ石

f:id:yuudachi7poke:20160913143848g:plain

意地っ張り メガ後191-194-122-×-121-140

グロウパンチ

恩返し

守る

不意打ち

メガ後最速ドーブル抜きまでSを割いたガルーラ。殴り合いも可能でグロウパンチからのエース展開も可能のつよポケモン。耐久がもう少し欲しかったです。

ランドロス@拘りスカーフ

f:id:yuudachi7poke:20160913144711g:plain

意地っ張り ASぶっぱ

地震

馬鹿力

蜻蛉返り

岩雪崩

ごく普通のスカーフランドロス。しばらく鉢巻で運用していましたが対応範囲を広めるにはスカーフが最適と判断。味方に浮いているポケモンがいないので地震は選択しにくいですが地面の一貫のあるパーティに刺さるので入れてみました。環境次第では鉢巻も輝きます。

ミロカロス@タラプのみf:id:yuudachi7poke:20160913145005p:plain

図太い 202-×132-121-146-112

熱湯

凍える風

自己再生

毒々(神秘の守り)

今までガルーラスタンを使っていて1番嫌いなミロカロスをまさか最終シーズンで使うとは考えてもいなかった。ガルーラサーナイトを使っていてとても重く感じた水タイプ+鋼、ウィンディ、ランドロスエンテイヒードランの回答。毒ガルドを意識すると神秘が強いがクレセリアブルンゲルなどの耐久ポケモンに刺さる毒々も良さがあった。

ヒードラン@シュカのみ

f:id:yuudachi7poke:20160913150307j:plain

控えめHC

熱風

守る

大地の力

めざめるパワー氷

いつものポケモン。何度も解説してきたのでもう語ることはないはず。

サーナイト@メガ石f:id:yuudachi7poke:20160913150524g:plain

控えめメガ後175-×100-220-156-123

ハイパーボイス

サイコショック

守る

トリックルーム

僕のお嫁さん。ガルーラが刺さりにくい時やこの指+ガルーラ、滅びパ、エルゲン、雨サナバレルに選出。トリルが強かった。

モロバレル@ゴツゴツメット

f:id:yuudachi7poke:20160913162101g:plain

呑気HBぶっぱ

ヘドロ爆弾

怒りの粉

守る

キノコのほーし

ポケモンその2。こいつもかなり語ってきた。ヘドロ爆弾はキノガッサ、ルンパ、フェアリー意識。

各構築への立ち回りも解説したいですが需要が無いと思うのでカット。

構築名にペナンぺという単語があり不思議に思った方がいると思います。

これはアイヌという素晴らしい文化で使用されている単語です。意味は僕もしりません

これを聞くときっと心が癒されるはずです。

https://youtu.be/M4UdGIfA6Mc

以上で終わります。また雑になりました。すみま千円〜(^。^)

【ダブルバトル】ハイブリッドクレセリア

適当に使ってみたクレセリアが今までで一番強かったので環境が変化する事を祈って紹介してみる。

f:id:yuudachi7poke:20160830080125j:plain

性格 控えめ …火力に割かなければいけないので控えめ確定

持ち物 思考回数を稼げることが強みのためオボンのみ。食べ残しも悪くは無いが汎用性を考慮するとオボンのみ優先か

技構成

サイコキネシス …メインウェポン

凍える風 …s操作ボーマンダランドロス等の氷弱点を突ける。

冷凍ビームも視野。

毒々 …クレセリアを起点にする耐久ポケモンを見るために採用してみた。

このポケモンと組まれる事の多いランドロスヒードランが苦手とするミロカロスを始め、瞑想クレセリア、ラッキー等の不意に対応できる。

身代わりや守ると非常に相性が良い。

めざめるパワー地面…これも環境に多く、起点にされるヒードランにも対応できる。

ピンポイントだが 有るか 無いか でガルーラスタンへの勝率がグッと上がる。

安心感がある。

配分調整(めざ地面個体)

204(68)-×-146-(44)-138(248)-150-124(148)

H…4n

B…余り

C…極振り

S…順速70属抜き抜き

凍える風後最速ライコウ等は抜くことができる。

耐久を削って素早さに回しているが、確実に仕事をする、凍える風後の展開を考えるとこちらの方が強い。

実数値124は順速70抜き調整が環境に多いためこちらの方が試行回数を増やせると考えた。

追記 凍える風メガボーマンダ抜きもパーティ次第では視野。

考察記事を書くのは初めてで、あまり良い記事には仕上がっていないが少しでもダブルバトルプレイヤーの参考になれればと思う。

【GSダブル】ysanBig6 (WCSシニア10位)

f:id:yuudachi7poke:20160826153754j:plain

こんにちはー、初めてWCSに参加してきました!今回もいつも通り記事を書きますがオフレポなどはまた別の機会で時間があれば書こうと思います。

使用した構築は

f:id:yuudachi7poke:20160824211350j:plain

まぁいつものって感じですね

【この構築に至るまで】

始めから辿ると元はイベルタルを使用した構築を組もうと考えていましたがどうしてもゼルネアスグラードンへの立ち回りに自信が無かったので断念しました。次に考えたのが、代表戦でも使用したbig6でした。丁度代表戦が終わった頃にトリルドーブルの記事を見つけたのでトリルドーブルから構築を組むことに。WCSのような上級者が集う大規模の大会では、一般的な構成だけでは厳しいと考えたのでこの判断は正解だったと思います。続いて個別の解説

f:id:yuudachi7poke:20160824212424g:plainグラードン@紅色の玉

冷静189(108)-×-180-222(252)-129(148)-85

大地の力

噴火

守る

目覚めるパワー氷

代表戦上位の方と同じ調整。出し方としては、ディアドーと組んで使っていた時と同じような感じで、s操作して出すことがやはり多かったです。目覚めるパワー氷はレックウザボーマンダへの強力な打点で立ち回りが柔軟になるので採用しています。 実はWCSでは最速ドーブルに怯え、前日に臆病個体に変更しました…強気に同速勝負にかけることができなかったり、微妙に火力足りなかったりして落とした試合があり、とても後悔しています。 f:id:yuudachi7poke:20160826131143g:plainゼルネアス@パワフルハーブ

控えめ 217(124)-×-128(100)-198(228)-123(36)-122(20)

ムーンフォース

マジカルシャイン

守る

ジオコントロール

とある方に頂いた調整。最近では耐久に回してcを省く個体が多いがジオコンを積まないで動かしても強く、ジオコン後の決定力が高まるc振りが気に入っててずっと愛用していました。 ジオコン後にマジカルシャインで無振りグラードンを2発で倒したり相手の耐久ゼルネアスもジオコンムンフォでほぼ確実に倒せるのが強みだと思います。かなり絶妙な耐久してます。 f:id:yuudachi7poke:20160826132641g:plainガルーラ@メガストーン

陽気 181(4)-147(252)-100-×-100-156(252)

恩返し

グロウパンチ

猫騙

不意打ち

強いポケモングロウパンチでaを上げて相手のポケモンを縛りながら横のポケモンを動かす動きが個人的に最も強いと感じた。猫騙しも優秀。不意打ちの枠を守るにするかも悩んだが、削り性能を評価して不意打ちにした。

f:id:yuudachi7poke:20160826134215g:plainドーブル@ラムのみ

腕白 162(252)-40-95(252)-×-66(4)-84

猫騙

ダークホール

トリックルーム

変身

自分中では結論に値するドーブル。このルールが発表されてずっとラムorカゴドーブルを使い続け「こんな弱そうなドーブル使ってるのは僕だけなんじゃないか」と考えた時もありましたが、自分を信じて今回もラムのみを採用。

f:id:yuudachi7poke:20160826134239g:plain

ボーマンダ@メガストーン

無邪気 170-155(4)-101-162(252)-90-167(252)

ハイパーボイス

捨て身タックル

追い風

吠える

GSで最も信用している一般ポケモン。耐性が非常に優秀で削り性能も高く追い風による切り返しも可能。そして今回はトリルやジオコンの牽制や大きなアドバンテージとなる吠えるを採用。吠えるは決まるかどうかよりは単純にジオコンやトリルを抑えられるのが強いと感じた。ただ、守るが欲しい場面も多かった。

f:id:yuudachi7poke:20160826145335g:plain

ファイアロー@命の珠

意地っ張り 164(84)-146(252)-91-×-89-168(172)

フレアドライブ

ブレイブバード

剣の舞

追い風

big6を使い、何度も悩んだ枠。s操作と対ゼルネアス性能が必要と考えてドータクンも試した。しかし、ドータクンを使っているとゼルネアスには滅法強いが、ボルトロスクチート、ゲンガー、クロバット辺りが重く感 じそれらに対応できるファイアローを選択。何よりトリル持ちが2体いることに違和感を感じていた。

剣の舞を使用した立ち回りは後ほど解説するが、少し解説すると 威嚇でアローを見るような構築に刺さる。また、剣舞ブレバで縛りながらジオコントロールを積む動きも非常に強く感じた。WCS2016を見事優勝されたwolfe氏が使用していたカポエラー入りやクチート入りに刺さる。

各構築への立ち回り ベテパ(重力催眠グラタクン)

選出ポケモン ガルーラゼルネアス グラードンドーブル

グラゼルネに強いグラゼルネで話題になった構築。初手でガルゼルネを並べて相手のトリル安定ターンを誘導する。トリルをされるとほぼ勝ち。相手のトリル下でのドーブルへの回答が催眠術であることを逆手に取りeasywinを狙うことができる。二戦目以降は催眠を2回重ねてくる動きをしてくるので強気に横守ってトリルを選択。

Liarパ(グラレック)

選出ポケモン ガルーラドーブル グラードンゼルネアス

こちらもbig6ではどのポケモンを選出しても安定択が取りにくく、話題になった構築。 初手はガルーラドーブルから入る。大抵の相手はグラードンドーブルを出してくる。何度も戦って相手は両守るかドーブル守ってグラードンで噴火をしてくる。こちらはグラードンに猫、ドーブルはトリルを選択。万が一ドーブルにダクホを打たれてもラムなので勝ち筋は十分残る。 次ターンはドーブルに恩返し、ダークホール。ガルーラかドーブルが倒れたらグラードンを出してトリルが切れるタイミングでゼルネアスでジオコントロールをして勝ち。

big6ミラー

選出ポケモン 一戦目ボーマンダゼルネアス ファイアローグラードン

二戦目 グラードンファイアロー ガルーラゼルネアス

三戦目 ボーマンダゼルネアス ドーブルグラードン

これに関しては全てに安定する行動を編み出すことがどうしてもできなかった。構築の対応力を高め過ぎて、ミラーに対する勝率が6~7割程度でとても反省している。

マンダゼルネはゼルドー以外は戦えますがゼルドーに弱いのはまさに欠陥です。

グラアローが最も安定しているが有名な方が立ち回りを公開しているため少し勝ちにくくなった。

グラカイ+タクンorクレセ

選出ポケモン ボーマンダ(ガルーラ)ゼルネアス グラードンドーブル

立ち回りがしっかりしていれば勝てる。序盤ジオコン積んで中盤でドーブルを並べてゼルネアスをしっかり動かす。終盤オーガタクンの並びを作られたらドーブル猫騙しなどでしっかりとドーブルグラードンを並べて味方のグラードンに変身を押し天候を上書きして噴火。クレセリア入りはゼルネアスが通るのでドーブルゼルネアスでいけます。かわしーパは事故。

クロバットorボルトロス入りオーガレック

選出ポケモン ガルーラファイアロー グラードンゼルネアス

ガルーラファイアローで一般ポケモンを倒し、ゼルネアスを通す。 クチートボルトロスなどはボルトに猫アロー剣舞 このターン猫騙しのダメージ量でボルトロスの性格をしっかり見極める。 クチートはオーガ引きか守るが多いのでこれが決まるとほぼ勝てます。死に際には冷静に追い風を選択。

メジャーな構築はここら辺りですかね、必要と感じればまた追記します。

感想として全体的にとても自分に合った綺麗な構成になっていると思います。ドーブルのラムによりとても立ち回りが安定している気がします。big6以外はあまり負けませんがWCS当日は韓国プレイヤー4連とマッチングし、彼等は全て同じポケモンを使っていて危うかったです。SDでは何度も1位を取ることができました。

TN ysan←構築名はここから来てます。 another Face

big6は面白くないなどと考える人を目にしますが、僕はこれほどダブルバトルならではの幅広い要素とプレイングを重要とする構築を今まで見たことがなく、感動しています。

このGSルールは本当に面白くて数千戦はやりました。そして本当に多くの方にお世話になり、色んなプレイヤーとの交流も増え感謝の気持ちで心の中が溢れています。 今まで対戦してくださったり応援してくださった方々、もちろん今この記事を見てくださっている方々。本当にありがとうございます!

全国ダブル1位ガルサナ2メガ結論構築

レート溶けたよ〜(^。^)アイスおいし〜(^。^)

f:id:yuudachi7poke:20160808062958g:plain f:id:yuudachi7poke:20160808063022g:plain f:id:yuudachi7poke:20160808063112p:plain f:id:yuudachi7poke:20160808063125g:plain f:id:yuudachi7poke:20160808063138g:plain f:id:yuudachi7poke:20160808063151g:plain ふざけ過ぎたのでポケモンのみ公開

【JCS2016】オフレポと当日までの過程

お久しぶりです。今回はオフレポと当日までの過程について語ろうと思います。

まず当日ではこの構築を使用しました。f:id:yuudachi7poke:20160703155110p:plain

このルールを始めた時からグラードンを使用すると決めていたので補完の禁伝枠はディアルガゼルネアスの二択になると考えていました。そして今回はゼルネアスを選択しました。

また、2月頃からグラードンの補完として

メガボーマンダ+ラムドーブルグラードン+@禁伝の並びに強みを感じていたのでこの並びにゼルネアスを当てはめました。

この4体の並びをベースに構築を組もうと思いボルトロスやクロバゲンガーが重く感じたのでCSベースのクレセリアを入れて補完にガルーラという割と好きなスイッチトリルをしばらく使っていたのですが対グラゼルネがあまりにも安定しなかったのでファイアローに変更しました(当日3日前

とある記事でグラアローの初手に強みを感じたものの実際はかなりの同速ゲームや一点読みを強いられ、自分のプレイングには合っていないと感じた。おまけにファイアローにはカゴのみを持たせる始末。

しかし、ファイアロー以外の構成には自信があった為それなりに戦えることはできました。

SDでは調子乗ってました。f:id:yuudachi7poke:20160703160106p:plain

ここからオフレポ(暖かくながい目でお願いします。m(_ _)m

僕は熊本住みや受験生というのもあり本戦に出場することは不可能に近かったのですが、親を観光に誘ってワンチャン掴む子供になって上手く誘導させる事に成功。

前日の土曜日

空港から飛び立ち空港に降り立った僕はすぐさま近くのマクドナルドへ向かった。そこでは黒肌のお兄さんが待ちうけていた。無理矢理セットメニューを推してきたので仕方なくバベボのセットを注文してしまった。

味はそれなりだったが、ハンバーガーにはもっと早さよりも丁寧さを重視するべきだと思う。ハンバーガーに触れた瞬間手にピクルスが挨拶をしてきて思わず舌打ちをしてしまった。

昼食を済ませた僕はモノレールに乗った。ポンジュースの看板を見た以外記憶が無い(本社は愛媛な気がした

次に地下鉄に沢山乗った。仕事の電話をするサラリーマンから、おしゃれなお年寄り、腰を抱え合うカップルまで幅広い年齢層の集い場だった。その後最近習った慣性の法則を感じた。

永田町のホテルについた僕は待ち合わせをしていたポケモンセンターメガトウキョーへと向かった。当然母親はポケモンなど興味が無いのでどこかへ行きました。

ポケモンセンターのある大きな建物では一度家族と迷子になりました。

ポケモンセンターに着くとポケモン勢特有?のハンドルネームはわかるけど顔はわからないを体験しました。入り口にはオタクのような人が沢山いたので怖くて避けました。顔がわからないのでtwitterで連絡してbricさんとメガリザードンの前で出会いました。

bricさんが同行している人たちに挨拶をしに行くとポケモンでお世話になっている強い人たちに出会いました(一人臭い人がいた

その中のアカヌマさんという方と対戦をしたら運勝ちしてしまった。ネットでは発狂しているのにリアルでは優しくて感動した。

その他にもあみけさん、クルーズさん、アラカキさん、ばけらったさん、たくみ★♪さんなどと挨拶できて良い機会だった。

特にあみけさんはイケメンだった。

その後たくみ★♪さんとbricさんと3人でスタバへ向かった。前者の方は世間ではホモと呼ばれる部類らしいが、アスペのステータスが高いので注文の時はかなり役にたった。キャラメル美味しかった。

別れた後ホテルに帰って本戦で使用する個体の育成を始めた。色々な方にフレ戦をお願いする迷惑行為も行っていた。

そして風呂に入ってトンカツを食べるとまさかの寝落ちを始めた。まさに豚である。

翌朝 日曜日(JCS当日

起きると手元には育成の終わっていないDSが小さな音を奏でていた。時計を見ると7時10分、いつも起床する時間だ。30分でファイアローを育て朝食。

9時頃ドーブルのなつき度が0に近いことがわかり、急いで育成。それは会場まで続いた。

会場では強そうなプレイヤーたちががDSを手に会話を交わしていた。

僕は人見知りなので鼻でBGMを響かせていた。

会場に入ると人がたくさんいた、僕はすぐさまお手洗いがしたくなった。お手洗いにはスタッフの同伴が必要ということで対して可愛く無いお姉さんを選択しお手洗いへ。ある意味いつもとは違った放尿ができた。

会場内へ入ると人がとにかくたくさんいてポケモンというゲームの有名さを感じた。そこではジュニアの子供が丁度予選を行っていた。みんな弱そうだなとか可愛いなとか思っていると女の子(3位)が男の子に対して絶対零度を当てる画面が見えてジュニアの闇を見てしまったと感じた。

ただ一人強そうな男の子がいた。その子は2位になっていた。あの子は間違いなく日本のトッププレイヤーになるような気がした。

僕の横にはシニアの方が並んでいた。みんな楽しそうだったが僕は人見知りなので一人でスタッフと会話をしていた。スタッフ曰く真姫ちゃんは可愛いらしい。

さてここからが本題である(恐らくこれを見ている人間は見始めた人間の2割であろう

正直負ける気がしなかった、周りからは緊張などという声が聞こえたが予選は僕にとって作業でしか無かった。

1戦目 vsそうまさん ゼルネレック

ゼルネレックメタモンガルーラ

選出段階で初手猫+ゼルネアスでジオコン積んでこちらのゼルネアスのジオコンをメタモンで対策するような動きが想定出来た為初手でs操作して後ろのグラゼルネを通すプランを立てた。

3ー0で勝ち

2戦目 ちはるさん グラディア

ボーマンダクロバットディアルガグラードン

可愛い女性だった。

僕が前まで愛用していたグラードンディアルガを使用していた。ゼルネアスを上手く通したいと考えたがクロバットがかなりの圧力だった。クロバットファイアローで見ていたがディアルガ入りにファイアローは厳しいと考えプレイングである程度融通の効くガルーラゼルネアスから入った。かなり危なかった相手のプレイング次第では負けていた。

2-0で勝ち

3戦目 名前忘れた TNバク グラカイ

ボーマンダドーブルドータクンカイオーガ

グラゼルネをメタっている感が凄い、しかし僕は選出の時点から心がぴょんぴょんしていた。なぜならこの手の構築は変身ドーブルで簡単に崩すことができるからだ。そして計画通りトリルを貼られてカイオーガ無双に入ったと見られるターンにグラードンに変身してゲームエンド。観客からは盛り上がりが見られた。

2-0で勝ち

決勝トーナメント1 ここからは2本先取のスイスドロー

1戦目 名前忘れた TNつぶあん グラカイ

最近絡むことが少し増えきたフォロワーの方だ。選出画面にはたいありレベルのボルトクチートオーガが映っていた。これはゼルドーグラードンドーブルで上手く崩すしかないと思い慎重なプレイングを心がけた。

1戦目は平和に勝利を収めることができた。

2戦目は肩を抱えた黄色いおっさんが威張ってきた、そしてその瞬間対戦の相手の顔見たが何1つ揺らぎが無かった。しかし動くところは動いて勝ち。

2戦目 ワタさん オーガレック

この方も絡みのあるフォロワーの方だった。1戦目 構築相性では厳しいが横取りの初見殺しで上手く取った。

2戦目 勝ちパターンに入ったがDSが赤く点滅していることに気づいた。そして僕は大きな声で充電器を貸してくださいと叫んだ。するとゴッドアルスさんが心優しく貸してくださった、まさに神…

しかし40代くらいの男性がいきなり充電を阻害した。

「???」

「対戦中の充電は禁止されております、充電が切れれば失格となります」

僕の心は完全に腐敗した、相手も充電切れTODを始めた。とりあえずこの試合は降参して試合を終わらせた。

3戦目 とりあえず勝ち

決勝

ジェラール神聖国ボスのジェラール氏だった。

このプレイヤーには前から強気なプレイングと豪運で敗北をしてきて負けたくない相手だった。

1戦目 完全にプレイング負け、ワンチャン掴みに行って勝ち。

2戦目 初手ボーマンダを読んだもののグラードンワタッコから入られて眠り粉きちんと当てられてボロ負け

3戦目 序盤プレイングでは勝っていたものの後半謎のプレイングを二回程して負け

言い訳になるがこの試合でも充電が切れそうになり通信も上手く繋がらなくなった。そして消費量を少しでも減らす為に音量を下げるとスタッフに指摘されて精神的に対戦することに対して正直面倒さを感じてしまっていた。

来年からは充電環境を整え、メガ進化、ゲンシカイキのムービーを短くしてほしい。

そして表彰を受けた。森本さんの握手はとても必要無かった。

そして、あのたんそマンさんと挨拶をして僕は熊本へと帰った。

帰って動画を見ると液晶割れしてるわ、写真がふざけてるわで草生えそうで生えなかった。

そして僕は帰らぬ人となった。f:id:yuudachi7poke:20160703173639p:plain

【GSダブル】ディアドー展開 最終レート2029

初めての方は初めまして、今回はGSの記事になります。

ディアルガ入りの記事が少なく、構築が無く困っている方が少なからずいると思ったので公開致します。

f:id:yuudachi7poke:20160408222146p:plain

パーティはこちらになります。四世代でも活躍していたディアドーという並びです。

また、レートや大会でも結果も残せたので弱くはないと思います。<f:id:yuudachi7poke:20160408233033p:plain

メガガルーラ@メガ石

f:id:yuudachi7poke:20160408222815p:plain

特性 精神力

性格 意地っ張り

メガ前181-151-110-49-102-140

メガ後181-184-130-67-122-150

グロウパンチ 捨て身タックル 不意打ち 猫騙

カイオーガ軸に多く選出する。ガルーラの蹴手繰りを高乱数で耐えてHSクロバットを捨て身高乱数一発で落とす。恩返しを採用していないのはトリルした後に素早くグラードンを出したいため。ドーブル抜き。

グラードン@べにいろのたま

f:id:yuudachi7poke:20160408223819g:plain

特性 ひでり

性格 冷静

207-169-161-167-109-85

噴火 大地の力 断崖の剣 守る

上手くs操作してこいつを出さないと負け、HCベースなのは物理耐久を失いたくないため。基本後出し。

ディアルガ@ラムのみ

f:id:yuudachi7poke:20160408224346j:plain

性格 控えめ

特性 テレパシー

207-126-145-212-125-110

竜の波動 ラスターカノン トリックルーム 眠る

オーガレックに強いと聞いて採用した。トリル展開要員で挑発に弱くないのは評価できた。HCだとグラードンの地面技一発で落ちてしまう事が多くため耐久に限界まで割いた。一般ポケモンに削りを入れられてもレックウザカイオーガと戦えるよう眠るを採用した。

ドーブル@カゴのみ

f:id:yuudachi7poke:20160408225321j:plain

性格 穏やか

特性 ムラっけ

162-36-56-40-106-84

ダークホール ニードルガード ワイドガード 猫騙

ディアルガを上手く動かすに必要不可欠なポケモン、この構築の場合深読みはしなくてもとりあえずダークホールを打つだけでいい、最遅90族-1

ナットレイ@命のたま

f:id:yuudachi7poke:20160408225948j:plain

性格 勇敢

特性 鉄のトゲ

181-160-151-74-137-22

パワーウィップ ジャイロボール 大爆発 守る

構築単位で重いオーガゼルネを担当、オーガレックにも選出します。イベルタルにも強めに出られるので強かった。大爆発はテレパシーとのコンボがしたかったのとこの指+高火力ポケモンのような並びを崩すため、かなり強かった。

ボーマンダ@メガ石

f:id:yuudachi7poke:20160408230517j:plain

性格 無邪気

特性 威嚇

170-166-100-152-90-167

捨て身 ハイパーボイス 追い風 守る

唯一グラードンを見れるポケモン。トリル軸と見せかけて追い風展開もします。ディアルガと相性補完が良いので格闘技や地面技の受けにも使います。

立ち回り

対 グラゼルネ軸

先発 ディアルガドーブル

後発 グラードンボーマンダ

ダークホールかトリルを決めてディアルガがトリルを貼れたらグラードンで詰め。ディアルガが倒れたらボーマンダで追い風、グラードンで詰めとなります。相手のドーブルはラムカゴがあるのでとても楽に立ち回りできました。

カイオーガレックウザ

先発 ガルーラディアルガ

後発 ナットレイ グラードン

勝率は95%近くあると思います。相手にランドロスガルーラがいる場合はガルーラボーマンダに変えたりします。基本トリル貼れたら勝ちです。

対グラカイ軸

先発 ディアルガドーブル

後発 グラードンボーマンダ

少し厳しいです。グラードンで上手く詰めないと負けていました。追い風とトリルでうまくスイッチをしていました、プレイングミスがなければ勝率6割は取れます。

今回の記事はここまでとなります。始めはグラードンゼルネアスが多くディアルガは活躍し辛いと思い込んでいましたがかなり強かったです。この構築はかなり煮詰めて考えたので参考になれればと思います。質問などはTwitterの方へお願いします。